20回ヤートセ秋田祭の日の目玉演舞!!

 

秋田100人よさこいプロジェクト

「秋田かだれ会」

 

■今年(2017)は、ヤートセ秋田祭20周年です!

 この記念すべき年に、秋田県内有志による目玉というべき企画を進めています!

 

昨年(2016年)10月に説明会を行い、多くの方々の協力のもと秋田県内外から総勢100名の有志が集うことができました!ありがとうございます!(※現在は踊り子の募集は終了しています。)

 

メンバー一同、ヤートセ当日、沢山の皆様に観ていただき、ご一緒に楽しんでいただけるよう練習中です。是非会場に観に来てください!

 

 

 

★具体的な内容★

(1)概要

 2017624()25()に開催予定の「第20回ヤートセ秋田祭」に、100人規模のチーム編成でのチーム演舞を披露します。(そして、それを第20回の目玉企画と位置付けます)

 

 各自が所属するチームとの掛け持ちの方も多数いらっしゃいます。

 そんな「正にチーム秋田」と言える構成で、100人規模の演舞を披露します。

   

(2)演舞の在り方

あくまで「オリジナル曲」と「オリジナル振付」での演舞です。

出来上がった楽曲と振付は、まさに秋田らしい深みがある楽曲/振付となりました。

 

「総踊りではなくチーム演舞」にこだわりたいので、皆が同じ振付を踊るのではなく、パート分け等も含めた見ごたえのある「100人という大規模のチーム演舞」となります。

 

(3)チーム名

 プロジェクト名は「秋田100人よさこいプロジェクト」ですが、それと別にチーム名を決めました。

 チーム名は「秋田かだれ会」です。

 

 「かだれ」は、「仲間になろう」とか「この輪に入っておいで」といった意味合いの秋田弁です。

 その言葉の意味と響きが「秋田100人よさこいプロジェクト」の主旨に合っている事から決定しました。

 

 

(4)参加者

参加者は全て「秋田」ゆかりの人達です。

(秋田県在住者、秋田県出身者、秋田県のよさこいチーム所属経験者等)

 

さらに、おそらく全国にも例の無い「下は8才のお子様から、上はなんと80代の人生の先輩の皆様」と、年齢幅のとても広いチームとなりました。

 

こんな構成の100人規模の演舞で、秋田の底力を見て頂ければと思います。

 

 

■既にオリジナル曲もその振付も完成し、参加者一同一丸となって本番に向けて練習の真っ盛りです。

今年(2017)の「第20回」を迎えるヤートセ秋田祭を盛り上げるべく!

そして、これをキッカケに、秋田そのものをなんらかの意味で盛り上げられたらという想いで一同頑張っています。

 

 演舞は、いまのところヤートセ秋田祭の2017624()および25()共にトリの演舞が予定されています。

 

 秋田県ゆかりの人達による100人規模の演舞を、是非とも大勢の皆様に御覧になって頂けたらと思います。

 

 毎年「ヤートセ秋田祭」に足を運んで下さっている皆様も、「ヤートセ秋田祭」を生で見た事のない皆様も、今年は是非とも、会場に足を運んで頂けたら幸いです。

 

 

何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

秋田100人よさこいプロジェクト実行委員会

お問い合わせは、下記メールアドレスまで

akita100nin@gmail.com

 

 

添付資料

秋田100人よさこいプロジェクト(詳細)

■ここをクリックしてダウンロード■